幻聴とうつ病と傷病手当

医者

うつ病を発症した場合、どのような症状があらわれるのでしょうか?今回は、うつ病の症状でもある「幻聴」について調べてみました。また、治療の際に申請すべき傷病手当についてもまとめてみました。

詳しく見る

うつ病と運転と傷病手当

聴診器

うつ病の際、薬を服用することも多くこれまで行っていた運転ができないのか不安感じる方もいるでしょう。そこで、うつ病の際の運転について調べてみました。また、治療費や生活費を補填できる傷病手当も一緒に把握しておきましょう。

詳しく見る

首コリとうつ病と傷病手当

カウンセリングを受ける男性

デスクワークに携わっている方や、ネットサーフィンが趣味の方は首コリから起こるうつ病に注意が必要です。首コリとうつ病、そしてうつ病を救済する障害手当についてまとめてみました。

詳しく見る

うつ病と香りと傷病手当

病院

うつ病を克服するには個人差がありますが、何よりも大事なのは焦りや不安に支配されない感覚を取り戻すことです。自宅で過ごす際はリラックス効果の高いアロマを活用するのも効果的です。社会復帰に備え傷病手当もうまく活用しましょう。

詳しく見る

うつ病とEDと傷病手当

看護師

うつ病を治療しはじめると、男性がEDになってしまうケースも少なくありません。多くはストレスが原因ではありますが、処方された薬の副作用でEDになることも。EDとうつ病、そして治療と関係する傷病手当に関してまとめてみました。

詳しく見る

うつ病で傷病手当を受給

ハートと聴診器

うつ病発症で何故休職や離職が必要なのか?

そもそも、うつ病を発症した場合なぜ休職や離職が伴うのか不思議に感じる方も多いでしょう。うつ病の症状には個人差がありますが、その多くは普段の生活を思うように過ごせず困難を感じるほどなのです。例えば、ある女性の例では仕事で感じる過度なストレスから、パニック障害とうつ病を同時に発病。以前の彼女は、責任感があり真面目が取り柄なイメージでしたが、うつを発症したあとは真逆とも思える性格や行動をとるようになったのです。朝は眠気やだるさ、頭痛など様々な不調に悩まされ、布団から出ることもままならない状態でした。そんな彼女がどのように療養したのか、それは傷病手当が深く関わっていました。

仕事を休めないと誤解

うつ病に悩み仕事もままならなかった彼女は、とうとう仕事を休みがちに。ただ、インフルエンザや骨折など正当な理由が当初は思い浮かばず自分を責めていました。そんなおり、友人に相談した彼女は「傷病手当」というサポートを知ることに。傷病手当は本来、怪我や病気が理由で仕事を休まなければならない人に対する国からの補助金の一種です。この対象にはうつ病も含まれているため、彼女も傷病手当を申請することになりました。

傷病手当申請までの流れ

傷病手当を受給するにはまず、申請に必要な条件の確認や必要書類の用意が必要になります。傷病手当を受給するには、うつ病(病気または怪我)の療養中であり、仕事に復帰できる状態ではないことが前提となります。また、日数にして4日以上連続して仕事を休んだ状態であり、その間会社から給与が支払われていない状態が条件となります。